Shipping

  • $5 to United States
shoppingcart.mini.noitems
search
Filters

よくある質問

よくある質問



「どのサイズを購入すればいいですか?」

カナダでデザイン・着想されたModern Eternityは、北米女性のミディアムサイズの仕様に合わせて作られており、それはメジャーなブランドやデパートメントストアのラックのサイズと同等の基準です(「サイズ表」セクションをご覧ください)。一般的に、3 in 1マタニティーコート、ジャケット、ジーンズは、妊娠前のサイズで購入するべきです。多くの女性は間違って大き過ぎるマタニティーウェアを購入したり、男性用の洋服や大きい人用の洋服を購入しがちです。ゆるすぎてだぶだぶで、正しい位置に弾力性が無いマタニティーウェアを着てしまうことになるので、これは避けるようにしてください。私達の特許取得済み3 in 1マタニティーパネルは、腹部の妊娠で最も体重が増える部分でさえ覆ってしまいます。しかし、女性の体型は人それぞれ違いますし、妊娠による体の他の部分の体重増加となれば特にそうです。妊娠期間に正しいサイズを選ぶ上で、ぜひこれを参考にしてみてください。

 

「これらのコートやジャケットは気温何度用に作られていますか?」

これはあらゆる条件に左右されます。風、湿気、活動レベル、他に何を着ているか、体型、これらすべてが影響してきます。選ぶ際に参考にすべき要素は、(1)詰め物の種類(羽毛か合成繊維か)、(2)デザイン。自分自身にこれらの質問をしてみてください。

あなたは寒い都会の街で大体外にいて、毎週末路上セールで買い物をしたりカフェラテを飲んだりしていますか?もしそうなら、「ダウン」フィルド3 in 1マタニティーパーカーのような暖かいものがいいかもしれません。この商品は私達のセレクションの中で最も重くて暖かいマタニティーコートで、これを着れば-30度まで暖かくいられます。3 in 1「ポリフィル」マタニティーコートもまたかなり暖かく、-15度までポカポカの心地よさをキープします。

あなたは郊外の街でコストコ、デイケア、ヨガクラスを忙しく行き来していますか?大体車の中にいて、買い物袋を持っていますか?もしそうであれば、より断熱性が低くて軽いものの方が合っているかもしれません。3 in 1「ポリフィル」マタニティーコートは、郊外に住むママ達に支持されている商品でもあります。しかし、よりレベルの高い心地よさを求めるならば、超軽量で通気性の良い「ダウン」マタニティージャケットがオススメです。このジャケットは非常に万能で心地がよく、実用的です。

あなたは海岸近くに住んでいて、毎日穏やかな海のそよ風に当たっていますか?または春秋ものが好きなファッショニスタですか?そういったお客様の間では、軽量マタニティーコレクションが一番の人気です。私達の「防水」マタニティーレインコートは、マタニティーファッション特有のものです。



「羽毛vs合成繊維」
羽毛:まず始めに、羽毛は完全に自然のものです。鴨やガチョウの羽の下に見つけることができます。羽毛は市場で最高の断熱材です。羽毛が持つ天然で優れた重さと暖かさの割合は、どの人工断熱材でも比較になりません。圧縮・拡張できる能力がおそらく羽毛の最高の特徴の一つで、それゆえ非常に軽量で運びやすく、通気性が良いものとなっています。価格は合成繊維に比べて著しく高いですが、きちんとケアをすれば、良いジャケットは一生涯持ちます。マタニティージャケットにしては、素晴らしい投資です。ネガティブな点を挙げるとするなら、一度濡れるとその能力を失ってしまうということです。雨が降った時や湿気の高い条件下では、最も信頼のおけるオプションではないかもしれません。

合成繊維 / ポリフィル:ある意味、合成繊維は羽毛を真似て作った、人工の断熱材のようなものです。その能力は羽毛と同じくらい効率的ではありませんが、とても興味深い特徴を持っています。一番重要なポイントが、価格の低さです。また、濡れていても湿気が高くても、着ている人を暖かく保ちます。簡単に説明すると、水蒸気が繊維の中ではなく、それぞれの繊維の間に入ることで乾きやすくなる、ということです。ネガティブな点を挙げるとすれば、合成繊維は羽毛よりも重く、羽毛ほど圧縮することができない、ということです。羽毛に比べてより膨れていて、スリムな見た目やフィーリングという点でも羽毛には劣ります。

 

「上着の商品は耐水または防水ですか?」

すべてのマタニティーコートとマタニティージャケットには、表面の繊維に耐水性のコーティングが施されており、水の浸入をある程度防ぎます。このコーティングは水を水滴状にし、上着の表面で転がすことで水の飽和を防ぎます。しかし、長時間の雨や激しい雨に対して保護する効果はありません。長期間使用すると、上着に施されている耐水コーティングが摩耗や汚れ、洗濯によって効果を失う可能性がございます。しかし、市販のトリートメントスプレーを使用することで、最適な効果を持続させることが可能です。強力な洗剤で上着を洗うと耐水性の喪失を加速させます。また石鹸で洗うと多くの場合残留物が残り、それが水や汚れを寄せ付けてしまいます。

私達のスタイルのいくつかは明らかに他より光沢があり、これらの商品にはワックスコットンやポリウレタンコーティング、ラミネート加工が施されていて耐水性があり、通すとしてもほんのわずかな水量だけで、にわか雨の中でも着ている人をドライに保ちます。厳密に言うと、これを100%完全な防水だと定義することはできませんが、それでもその耐水機能と理想的なルックスで多くの人に選ばれています。

 

「厳密に言うと防水または撥水」

素材は2つの名前で呼ばれることがあります。防水または撥水。防水とは、水がその素材を通り抜けることができない、ということです。製造された衣服について言うなら、水がその衣服の外側から内側に向けて通り抜けることができない、ということです。衣服を防水にするには、大抵ポリウレタンやシリコンなどのコーティングを施した素材か、ラミネート加工した材料で作る必要があります。また、縫い目の穴に水が入ってこないように、その縫い目をテープで塞がなければいけません。

一方、撥水性の素材は水分を弾きます。つまり耐水性があるということですが、あくまで「ある程度」までです。水は素材の表面から簡単に転げ落ちますが、雨が長時間降ったり、また素材を押したり、座ったり、ひざまづいたりして大きい圧力をかけた場合、一部の水は素材の中を通り抜けてしまいます。また前述した通り、水は衣服の縫い目を通り抜けることが可能です。

 

「マタニティーコートエクステンションパネル自体を販売していますか?」

マタニティーコートエクステンダーは人気テレビ番組で取り上げられ、最近ニュースになりました。特に有名なのは「Dragons Den」(投資系テレビ番組)です。マタニティーコートエクステンダーはすべてのコートに合うわけではなく、また良いマタニティーウェア投資でもありません。なぜか?

 

1. マタニティーエクステンションジッパーは、特定のコートに合うように特別注文で作らなければいけません。すべてのジッパーは、サイズ・色・噛み合い部分の仕様において、それぞれ違います。自分でオンラインで、または店頭でこれをオーダーしようとすると、時間もお金も相当かかります。また、製造者があなたの古いコートに合わせようと試行錯誤することで、宅配業者を行ったり来たりさせてしまいます。もし成功したとしても、ジッパーとマタニティーパネルのサイズ、色、スタイルが完璧には合わない可能性があります。

 

2. マタニティーエクステンションは商品とそのプロセスの両方において価格が非常に高く、送料を除いても$90-$150はかかります。私達のModern Eternity 3 in 1マタニティーコートやジャケットは$99から、マタニティーレインコートやマタニティーウィンターコートは$140から購入可能です。流行の新しいラインナップを各季節ごとに発表しながら、最先端のファッショナブルなセレクションを、目の肥えたマタニティーウェアの購入者達に提供いたします。

 

3. 新しいコートを購入した方がお得です!